忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/22 19:50 】 |
ついに始まった
今日一通のメールが来た。
それは、知らない相手からのメールだったが
私にとっては非常に重要なメールだった。

そのメールを受け取った瞬間、
私は就職活動のゴングを鳴らされたことになる。

志望動機。
自分とはどんな人物か。
趣味や特技。
こんな仕事がしたい。

今からこのようなことを何回書き続けるのだろうか。

1年後の自分がとても楽しみで仕様がない。
PR
【2004/10/05 23:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
ヤミツキ
一度始めたらどうしても止められないものがある。
もちろん誰しもそのような「自分を病的に」させるものはあるだろう。

私にとって、その病的にさせるもの。
それは、ドラマ、漫画、そしてゲームである。

これらはやり始めると終わるまでやり続ける。
それが身を滅ぼす事を重々承知もしている。

今日は久々にゲームをしたが
タバコのように止められなくなったらどうしよう。

依存性が強い。
【2004/10/03 23:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
想像できる領域
戦地へ赴いた事があるだろうか?
もちろん、平和な日本にいる限りそんな危険な地へ
足が向く事は決してないだろう。

私ももちろん戦場へは行ったことがないが
かつての戦地へは行ったことがある。
特に東南アジアでいまだに顕著なのが
地雷による足や手がない人達なのである。

日本では、そんな人を見る機会というのが非常に少ないため
始めて見たときは私は大いなるショックを隠しきれなかった。
手や足がなくても彼らも私たち同様生きていかなければならない。
それは彼らの運命なのだろうか。

戦争が生み出すのは、無数の「棺」だけである。
それでも人間は同じ過ちを繰り返す。
【2004/10/02 23:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
HP作成の気合
旅行から帰ってきたということもあるのだが
私にはHPでUPすることが山積している。

そのため…ではないが旅行中もたくさん情報収集をしていた。

これから人生の山場への入り口を迎えるという重要な時期に
やはり浮気心というものは隠しきれないのだろうか。

けど、みんなに見てもらいたいという欲求をよそに
自分で満足がいくまで続けたい、
誰も来なくなってもいいからとりあえず完成させたい、
そう思っている。

…やっぱ、たくさんの人にきて欲しいかな。笑
【2004/10/01 23:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
夏の思ひ出
我が家に帰ってきた。
2ヶ月ぶりの我が家は想像以上に居心地がいい。

私が生活基盤をおいてるこの地で
今年は夏休みを楽しむことができなかった。

周囲のみんなはさぞかしたくさんの思い出を残した事だろう。

私は夏休み初日にこの地を飛び出し…
私は夏休み最後にこの地に帰ってきた。

十分休んだのだが、気持ち休んだ気にならない。
【2004/09/30 23:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]