忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/17 01:53 】 | | 有り難いご意見() | トラックバック()
去る人と残る人
友達の送別会があった。
私がカナダに来て最初のクラスで最初に友達になってくれた連中が
この地を離れて旅行へ行きその足で本国の方へ帰るということだ。

私も今まで気付かなかった。
今まで自分勝手に生きてきていた。
中学校の時も公立の学校へ行こうとしなかったからみんなと離れそうになったし
高校の時も進学校への入学だったので同じ学校から大人数は行かなかった。
大学なんて同じ高校の人なんか一人もいなかった。
そしてここに来るにも自分で勝手に出て行った。

すべてそうだった。
いつも見送ってもらう方だった。
去る側は次の目的がはっきりしているから心も晴れ晴れしているだろう。
しかし、
去られる側は心にぽっかり穴が空いてしまう。

明日彼らは行ってしまう。
見送るなんて本当に初めての経験なのかもしれない。
本当に悲しいよ。
PR
【2003/06/29 23:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<いんでぺんでんす | ホーム | 本気>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]