忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/22 12:28 】 | | 有り難いご意見() | トラックバック()
緩衝材としての大学
「おれは勉強なんて嫌いだ、だから大学なんか行かない」
こうこう台詞を原動力に大学に行かない人がいる。

私の身近な人間もその一人なのだが…
高校卒業で社会の洗礼を受けている彼。
1日15時間労働なんて当たり前、
車内の上下関係にも頭が痛い。
19歳なんだから恋だってする。

そんな重圧に耐えながら、彼は身を粉にして働いている。

大学生活はかなり高校生よりとはいえ、少しは社会に対応できるような
人材の育成ができる場ではないだろうか。
アルバイトすることによって、知る社会の味。
部活をする事によって知る、縦社会の現実。

慣れ、という言葉は大変恐怖を覚えるが
それが適切な表現である事は言うまでもない。
PR
【2004/06/04 23:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<知ってはいけない事実 | ホーム | 迷い>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]