忍者ブログ
  • 2017.07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/22 10:42 】 | | 有り難いご意見() | トラックバック()
美の追求
人は美しくありたいと願っている。
そのため、朝起きて鏡を見て髪の毛や顔をいじる。
しかし、鏡で見ている自分というのは、
自分であって自分じゃないのだ。
左右が逆になっている。
だから、写真写りがみな悪いのだ。
なにせ、日頃見ている自分と左右が反対なのだから。
だから、左右逆に見られている事を考えると、
鏡の自分はある程度はそのことを考慮に入れて、
不細工に仕上げないといけない。

しかし、人間とは悲しい動物である。
そこに見えているもの、それを現実と思い込む。
だから、わかっていても鏡の自分を美しく映し出そうとする、
目の前に自分がいる限り。

--------------------
PR
【2003/01/31 23:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<一枚のコイン | ホーム | 文書>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]