忍者ブログ
  • 2017.05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/25 19:36 】 | | 有り難いご意見() | トラックバック()
協調性のかけら
熱しやすく冷めやすい。
まるで、誰かの恋心のようであるが、私にもまたその部分があるみたい。
別に恋について書こうと思っているわけではない。

今日は、部活の1週間に1回の幹部会議だった。
ちなみに、水泳部に所属している私だが、今日も来年度の行事の話し合いであった。
正直な話、来年度いない人間であるのに話しても意味がない。
しかし、彼らは私のことを「幹部自分達に押し付けて勝手に留学する」と言った。

確かに、否定はしない。
しかし、私だって好きで幹部を押し付けたわけじゃない。
留学したかったんだから…幹部を捨ててでも…

そうときまれば、話は早いもので今まで会った愛着もすぐに失われるものである。
今は、今の幹部が同級生で去年苦労を共にした仲間だからとりあえず話には参加する。
私は彼らが大好きである。
しかし、自分勝手に振舞う私に良い印象はないだろう。

今までは、体裁というものを重んじてきた。
しかし、もう自分の道に障害があれば回り道をして回避するようなことはせず
自分からぶつかって、押しのける。

協調性… 一人では生きて行けない。
協調性… しかし、あると大変わずらわしい。
協調性… ならどうすればいいのか…

わかっているはず
PR
【2002/11/21 23:30 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ポーカーフェイス? | ホーム | 親の存在>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]